進路指導

HOME教育課程.学校経営 >  進路指導

 

  人としての生き方を考え、夢を描き、目標をもって生きようとする児童を育てる。
自分自身のよさを知り、存在感と有用感を自覚させ、学級・学年や地域の中で生きる喜びをもつ児童を育てる。
児童一人一人の興味・関心を把握し、児童が自らの夢や目標に向かって努力できるよう指導する。
児童の健やかな成長を援助するため、幼稚園、保育園及び中学校との積極的な連携・交流を図る。特に幼稚園、保育園の連携については、聞き取りをはじめ、児童保育要録や幼児指導要録、就学支援シート等を通じて、就学前機関からの支援の内容、成果等を有効に活用する。さらに、小中連携を図り、自分の役割を果たしながら自分らしい生き方を実現できる児童の育成を目指して、キャリア教育を推進する。

 

<<<教育課程.学校経営に戻る

更新日:2018年02月05日 13:06:47